home

web通販はこちらから

実店舗個展のご案内

 「うつわやみたす」陶展・2022年4月26日(火)~5月26日(日) 開催中

千葉県でご夫婦二人で作陶されている[うつわやみたすさん]の初めての個展です。ご主人安達知亨さんは武蔵野美術大学、奥様の加奈江さんは多摩美術大学卒で共に油画科出身です。「心を満たす器」をコンセプトに、色や形にこだわった器を考えて製作されています。本個展では香川の県民鳥であるホトトギスと梅のデザインの作品も届きます。是非とも[うつわやみたす]ワールドに迷い込んで下さい。

 

・2022年6月1日(水)~6月26日(日) 

 「ガラス作家3人展」岡田芙紗子/小林裕之・希/平井睦美

・岡田芙紗子:富山県に工房を構える岡田さん。当店初お目見えです。子どもの頃から何かを集めるのが好きで、葉っぱ 

 もその一つ。クリアな吹きガラスに葉脈の一つ一つを丁寧に掘って表現された作品(Botanico)のシリーズです。

・小林裕之/希:京都に工房を構える小林さんの二回目の三人展です。型と宙吹きを組み合わせた技法で細かく緩やかに波

 打つような独特の表情が涼しげで、今回は新しい種類や発色の作品が届きます。

・平井睦美:岡山県に工房を構える平井さん。当店初お目見えです。カタチを吹き硝子で制作しマスキングしたあと、サ

 ンドブラストで時間をかけて深く削っていく。出来上がったモノには目の錯覚、光の屈折で様々な見え方があります。

 よそゆきではなく日常使いの道具として製作しています。

  

 

・2022年6月28日(火)~7月24日(日) 

 「「MORI GLASS」展  森康一朗・知恵子

 高松市でガラス作品を作られている「MORI GLASS」の森康一朗さんと 森知恵子さんの2回目の個展です。森 

 康一朗さんは色を混ぜ込んだ細いガラス棒(ケーン)を作りそれらを一つ一つ並べ、隣同士を溶かし着けていく「ケーンワ

 ーク」というガラスの技法で製作されています。重なり合う色が独特のグラデーションを作り出しひとつひとつ微妙に

 異なる濃淡に、豊かな色彩を感じさせます。

 森知恵子さんは中にモノを入れたときの美しさ、ガラスの特徴でもある透明感、影の美しさに想いを入れて美しい表情

 の作品を制作されています。あくまでも日常使いでの使い易さを重視し程よい重さがあるので、手に持ったときに安心

 して使うことのできる心地よさがあります。

 酷暑の夏、涼しさを感じる器でお食事の時間をお楽しみください。

 


サイト内キーワード検索

うつわ 楓が
四国GAJAに紹介されました。