home

「サブロウ」web通販は整い次第ご案内申し上げます。web通販こちらから

実店舗個展のご案内

・2021年5月11日(火)~6月6日(日) 

サブロウ 「glass works」展

富山県でガラス工房を構えるサブロウさんの3回目の個展です。サブロウさんの代表作モザイク模様のガラスは、まず板ガラスを作ってパーツに切り分け、それをタイルのように並べたら隙間に色ガラスの粉を敷きつめて焼く。さらにそれをうつわの原型となる型に載せて、再度焼いて仕上げています。手間を惜しまず作られた作品は空間を雅やかに演出してくれるだけでなく、盛り付ける料理を想像するだけでワクワクしてしまいます。今回は新作の切子や新色が沢山、見所満載です。是非ご覧ください。

・2021年6月8日(火)~7月4日(日) 

小林裕之・希(ガラス)/村上圭一(木工)/山田洋次(陶器)三人展

・小林裕之・希(ガラス):京都に工房を構える小林さんの初めての三人展です。自作の鉄鋳型に吹き込んで、多角形に成形されるシンプルで端正なフォルム。それでいて、手仕事のあとを感じる光に柔らかく揺れる表情に惹きつけられ、涼を演出するのにぴったりです。

・村上圭一(木工):神奈川県に工房を構える村上さんの2回目の3人展です。村上圭一さんは木の生命力を生かした作品が見所で、その丁寧で大胆な作品は温かみがあり使い込むにつれ使い手の色に染まってくれます。                     

・山田洋次(陶器):滋賀県に工房を構える山田さんの2回目の3人展です。発祥の英国にてスリップウェアを学び、古典を踏まえつつも山田さんのフィルターを通して作られる定番作品と、今回は薪窯焼成による一点物が届きます。

・2021年7月6日(火)~8月8日(日) 

「ヒズミ峠舎」陶展

山口県に工房を構えるヒズミ峠舎さんの初めての個展です。沖縄の「やちむん」の窯で修業され、それをベースに、独特の造形、絵付け、色使いで、異国情緒あふれるノスタルジックな独特の染付の世界を表現されています。本個展ではひとつひとつ丁寧に、手描きで仕上げられた一点物が400点を超える規模で並びます。宝物を探す感覚で楽しんでもらえれば幸いです。どうぞ足をお運びください。


サイト内キーワード検索

うつわ 楓が
四国GAJAに紹介されました。